寸胴鍋カバーで保温効果

寸胴鍋省エネカバーは保温効果があります

カバーすることで効率よく火力を包み込み、鍋の側面からも熱を閉じ込めるため、沸騰までの時間を短縮。またその分ガス代も削減できますが、保温効果にも優れています。

最も小さい火力でも効率よく寸胴鍋を温めることができ、また、カバーがあることで、寸胴鍋とカバーの間に空気層があるため、外気とふれることが少なくなり、火を止めた後でも、寸胴鍋の中の温度が下がりにくくなります。

以下はテストデータです。

鍋サイズ 510mm 寸胴鍋 省エネカバー 効果確認 テストデータ
(2019年5月9日(木) 場所:大阪府豊中市 中華料理 藍天 氏名:谷 安夫)

カバーなしカバーあり結果備考
部屋の気温気温24℃気温24℃火を付ける前
水(100リットル)温度24℃温度20℃火を付ける前の水温
沸騰までの時間128分65分50.7%時短
沸騰時の部屋の気温気温24℃気温25℃沸騰が始まったときの気温
ガス使用量(都市ガス)2.227㎥1.194㎥52.4%削減
火を止めて2時間後温度68℃温度72℃昼営業から夜営業までの時間を想定
再沸騰まで52分30分56.7%時短
ガス使用量(都市ガス)0.942㎥0.559㎥59.3%削減

PAGE TOP